銀聯カードは中国産

クレジットカードの国際ブランドはVISA、マスターカード、JCB,アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブが有名です。しかし、アメリカにはディスカバーカードというブランドもあり、中国には銀聯(ぎんれん)カード(ユニオンペイ)というブランドがあります。銀聯カードは発行枚数ではVISAを上回る世界一発行枚数の多いカードブランドです。

中国国内では銀聯カードはキャッシュカードとして利用されているので、中国の人口を考えると発行枚数が多いのもうなずけます。銀聯の銀は銀行を表し、聯は連合を意味します。つまり銀行連合という意味のカード名です。中国国内の銀行はこの銀聯システムによって決済システムが統一されています。つまり銀聯カードは中国の銀行のほとんどで発行されているカードで、クレジットカードというよりはデビットカードに近い仕組みです。

銀聯カードは中国国内はもちろん、アジア、欧米などでも会員数や加盟店数を増やしていて、日本でもその勢いを増しています。よくTV で報道される「爆買い」の原動力となっているのが銀聯カードといえるでしょう。日本でも銀聯カードが使える加盟店が増加しているのは中国人観光客に対応するためです。