クレジットカードの国際ブランドマスターカード

マスターカードも国際ブランドとして世界中で利用されていますが、日本国内ではVISAの知名度が圧倒的に高いのが現状です。これは日本でマスターカードを発行し始めたころのやり方に原因があるようです。VISAは三井住友カードにほぼ独占的に利用させていたため、他社とのシステム連動といった問題は発生しませんでした。

マスターカードは当初銀行系クレジットカード会社三社と提携していましたが、その三社のシステムがうまく連動せず、同じマスターカードブランドでも使えない加盟店が存在していました。こうした最初のつまづきが、国際ブランドとして日本での知名度が上がらない原因となったようです。

しかし、マスターカードも当初に比べると知名度も上がり、システムの問題も時間とともに解決しているため、VISAブランドの知名度に追いつきつつあります。国際ブランドとして使い安に関してはVISAとマスターカードではほとんど差がないので、日本国内の知名度だけが二つの国際ブランドの差となっています。

マスターカードもクレジットカードだけでなくデビットカードでも利用できますが、日本ではマスターカードブランドのデビットカードはVISAほど普及していません。これはデビットカードの場合、マエストロというブランド名になるためさらに知名度が下がることが原因かもしれません。